フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提攜 |あたらしい経済

フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提攜

YouTube視頻

形子風險投資公司(フラクトンベンチャーズ)株式會社と米MintKudos INC(ミントクードス)が業務提攜することを6月11日発表した。これにより両社はNFTやソーシャルトークンを中心としたトークンゲーティング機能によるユーザーへの新體験や、Web3.0サービスの事例作りの行っていくとのこと。

ミントクードスはNFTなどのトークンを活用したトークンゲーティングシステムMintGateを開発する企業だ。リリースによるとトークンゲーティングとは,トークン保有者限定でコンテンツを提供できる機能を指すという.MintGateでは復仇,復仇testnets( Ropsten、Rinkeby、Goerli)、xDai、Polygon、Fuse、NEARで発行された任意ERC-20、ERC-721、ERC-1155であれば、MintGate內で直接ト、クンるくくすすことでNFT含有む該當トークンの保有者限定で閱覧が可能なURLo生成することが可能になるとのことだ。

フラクトンはMintGateのプラットフォームを,NFTの作成やトークンゲーティングの主要なデモプラットフォームとして利用していくとのこと。また同プラットフォームのサービス日本語化に協力し,日本企業での使用事例を作っていくとのことだ。また反対にMintGateは英語圏でのフラクトンの行う活動のマーケティングに協力し,フラクトンが行うNFTや社會令牌分野での取り組みについて,四半期ごとにMintGateのソーシャルメディアに投稿するとのことだ。さらにフラクトンはMintGateと共に個人クリエイターの會員や企業パートナーoo紹介するアフィリエイトプログラムエエエエエ

活動“進化するインターネット“Web3.0”

また今回のパートナシップの一つとして,フラクトン共催イベントにMintGateの登壇が決定しているとのことこのイベント「進化するインターネット“Web3.0的”Vol.02:コミュニティにおけるWeb3.0的體験の鍵 - 嘉賓:MintGate的Jennifer Tran」は6月17日20:00よりオンラインにて開催される。

イベントのお申し込みはこちらから

https://web3-02-2021.peatix.com/

參考:PRタイムス
デザイン:一本壽和
圖片:iStocks/Lidiia-Moor

資料來源:https://www.neweconomy.jp/posts/125661